« BLS | トップページ | マラソン »

ACLS

BLSにつづき、

ACLSも受講しました。

これは、受講日までの二ヶ月間の自己学習が、気持ちが途中で萎えてしまいそうになるくらい内容が濃くて、苦労しました。

テキストの熟読が必要で、アルゴリズムを覚えていくことが必須だったんですが、

半分、医者の領域の話なんで、苦しかった・・・。

当日は、

チームリーダーの役割を学ぶんですが、

患者の診察から始まり、

急変していく中で

人集め・物集め。

人が集まれば、役割分担、指示だし。

自分がアセスメントしたことを口に出し、情報の共有。

治療を進めていく中で、問題を整理し、見落としていることがないか確認。

原因追求し、対処・・・

急変・蘇生の場で、リーダーをやっている医師の大変さを身をもって知ることができました。

チームメンバーと受けたメガコードテスト。

これまで経験したことのないくらい緊張しました。

チームメンバーに助けがなかったら、合格できてなかったかも知れません。

終わってみれば、

「楽しかった」

これは、かなりの『やり遂げた感』です。

数週間後、合格の証のピンバッジが届きました。

仕事の名札にちょこんと誇らしげにくっついてます。

同じ方向を向いた医療関係者がもっと増えるといいなぁ・・・。

|

« BLS | トップページ | マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BLS | トップページ | マラソン »