マラソン

11月中旬に、

シティーマラソンがありました。

エントリーは夏にしてあったんですが、

ASLSの受講も控えていたので、マラソンの練習どころではなかった私。

3kmにエントリーしていたんですが、

皆さんにとっては、たった3kmなのでしょうが、

普段、運動らしいことをいっさいやってない人間にとっては、一大事。

結局、練習なしで、本番のスタートラインに立つことに・・・。

なぜ、こんな私がエントリーしたかといいますと、

病院の宣伝をするために走ったんですね。

20101116_127

だから、白衣で走りました。(私は左です)

かなり目立ってました。

暖かい声援をいただいで、嬉しかったです。

「明日病院いくわ~」とかいってくれる方もいました。

走ってる最中は、息絶え絶えなんですよ。

でもね、歩いてる選手がいると声をかけずにはいられない私達・・・。

「大丈夫ですか?」って、自分達のほうが、大丈夫か?って感じでした(^_^;)

そして、交通整理をしてくださっている方々に、

「お疲れ様です!」と声をかけながら最後まで走っていった私達って、

すごい!と思いました。

| | コメント (7)

ACLS

BLSにつづき、

ACLSも受講しました。

これは、受講日までの二ヶ月間の自己学習が、気持ちが途中で萎えてしまいそうになるくらい内容が濃くて、苦労しました。

テキストの熟読が必要で、アルゴリズムを覚えていくことが必須だったんですが、

半分、医者の領域の話なんで、苦しかった・・・。

当日は、

チームリーダーの役割を学ぶんですが、

患者の診察から始まり、

急変していく中で

人集め・物集め。

人が集まれば、役割分担、指示だし。

自分がアセスメントしたことを口に出し、情報の共有。

治療を進めていく中で、問題を整理し、見落としていることがないか確認。

原因追求し、対処・・・

急変・蘇生の場で、リーダーをやっている医師の大変さを身をもって知ることができました。

チームメンバーと受けたメガコードテスト。

これまで経験したことのないくらい緊張しました。

チームメンバーに助けがなかったら、合格できてなかったかも知れません。

終わってみれば、

「楽しかった」

これは、かなりの『やり遂げた感』です。

数週間後、合格の証のピンバッジが届きました。

仕事の名札にちょこんと誇らしげにくっついてます。

同じ方向を向いた医療関係者がもっと増えるといいなぁ・・・。

| | コメント (0)

BLS

やっと、子供たちも、赤ちゃんから子供に成長してきたこともあり、

自分のスキルアップに時間をとることができるようになってきました。

ずいぶん前になりますが、

8月に「BLSヘルスプロバイダーコース」を受講しました。

代謝の悪い私でも、一日中の胸骨圧迫には息が切れ、汗がでました(^_^;)

一般の皆様向けのコースもありますので、ぜひ受講されるといいと思います。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Nurseな話